Skip to content


自分で楽しく選ぶために

薬缶にたっぷり、がぶがぶ飲む

薬缶にたっぷり、がぶがぶ飲む

「おいしさ」の基準は人それぞれ。
消費者の立場から見れば主観的であって良いと思います。

ただ、真っ当な物がきちんと評価されないと世の中全体が困るでしょう?
真っ当な物にはコストも情熱も特別にかかってるんですから…。

コーヒーの世界では、生産地から消費の現場まで共通の基準を作って
「おいしさ=品質」を客観的に表そうとする運動があります。

そのための手法のひとつにカッピングと呼ばれるものがあります。
(紅茶の場合、テイスティングと呼ばれます)

この技術を習得するには訓練が必要です。
おいしいコーヒーや紅茶を飲みたいって動機だけでわざわざ
こんな技術を身に付ける必要はないと思いますけれども、

どんなコーヒー、どんな紅茶が良いものなのか、
自分自身で選べるようになれると楽しみの幅がぐんと広がりますね。

コーヒーは「酸味」の質。
紅茶は「渋み」の質。

基本的にまずこれだけで良いです。
意識しながら色々飲んでみて下さい。

コーヒーの「酸味」、紅茶の「渋み」。
どっちも「うえぇぇぇ〜」ですか…。
たしかに、はじめのうちは積極的に楽しもうとは思えないかもしれません。
だけど、それぞれが味わいの背骨を成すものなんですよ。

それぞれに対する理解が深まってくると
良いものとそうでないものの判断ができるようになります。
主観的なはずの味の好みも自ずと品質の良いものと合致するようになります。

以上、私の個人的な考えですが
プロになる以前からずっと意識してきた事です。

もう一言、申し添えると
コーヒーの「苦み」というのは評価の対象にはなりません。
そんなものを追いかけ続けてもなぁ〜んにも…

私の個人的な考えですが。

Posted in コーヒー豆. Tagged with , , .

0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Some HTML is OK

(required)

(required, but never shared)

or, reply to this post via trackback.