Skip to content


ブルマンのふるさとの風景

ボビーとブルマン...

ボビーとブルマン...

コーヒーノートのウェブサイト上に
「コーヒーのふるさとの風景」というのがあるのはご存知ですね?

座間のこんな小さなコーヒー店まではるばるとやって来たコーヒー豆のふるさとの様子をほんの少しだけご覧いただけるようになってます。

ここに現在販売中のブルーマウンテン クライスデールのふるさと、ジャマイカの風景を追加しました。
カリブ海に浮かぶ楽園のようなこの島の歴史は、黒人奴隷の歴史抜きに語る事は出来ません。
また、ここからラスタファリズム、レゲエが生まれました。

ブルマン飲みつつ、ジャマイカの風景や歴史に少しでも関心を持って頂けるのなら、写真を追加した甲斐もあります。

写真は例に拠って、生豆商社から貸してもらったものです。

「クール・ランニング」という映画があります。
ジャマイカのボブスレーチームの物語ですけれど、
機会があれば、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

Posted in 業ム日誌.

0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Some HTML is OK

(required)

(required, but never shared)

or, reply to this post via trackback.