Skip to content


渡りの季節

例年だと、10月の第1週の日曜日。
横須賀の先、三浦半島のとある山の頂にて、
ワシ・タカ類の秋の渡りを観察することができます。

と言っても、私が観察したのは15~6年前の事ですが…。

朝4時頃に起床、横浜から京急に乗り換え、待ち合わせ駅に集合。
そこからさらにバスで現地に向かいました。

私の装備は、双眼鏡、フィールドスコープ(地上用望遠鏡)、三脚、フィールドガイド、フィールドノート、コンビニで買って来た握り飯が4つばかり、番茶の入ったサーモポット、おやつのガムとかアメ。

山頂に着くと、早速何羽かのワシ・タカが通過する姿を目にする事が出来ました。
まだ、早い時間は山頂すれすれを飛んでゆきます。
ここの山頂で観察できるのは、ほとんど「サシバ」という猛禽です。

彼らは長い旅を、自ら羽ばたいて飛ぶのでなく、上昇気流に乗って移動します。

正午頃になると、気温も上昇するため、相当に高い所を飛ぶようになります。
この頃、渡りの数もピークを迎え、ものすごい数が山頂のかなり上空を通過します。

サシバは一つの方角から来るのではなく、各方面から小さな群れでやって来て、
それらの各グループがいったん、山頂近くで合流します。
合流する時には「タカ柱」というのが出来ます。
猛禽で出来た「蚊柱」みたいなものです。

タカ柱はそのまま旋回しながら上昇気流を待ち、
それから、渡りの方角(南方)に進路を取り、まっすぐに滑空してゆきます。

観察者の中には、渡りの数の凄まじさ、タカ柱の雄大さ、
「渡り」という野生の不思議、大自然のシステムに感激して、
「うわぁ、まだまだやって来る!」なんて言いながら、声が上擦って泣き出しそうになる方もいらっしゃいます。

私も震えるような感動を覚えたものです。

「渡り」というのは、本当に不思議なシステムです。

現在販売中の「渡り鳥のためのコーヒー」は中南米を行き来する渡り鳥を保護する事を目的としたコーヒーです。

このブログで関連すると思われる他の投稿

Posted in コーヒー豆.

2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. すてきなお話ですね。
    最後はコーヒー豆のお話だったとは!

  2. hirosi said

    ロズマリン様、コメントをありがとうございます。
    現在、この山で観察出来る渡りの数も減っていると聞きました。
    中南米も同じだそうです。
    私自身が見た「渡り鳥」の姿を紹介することで、
    「渡り鳥のためのコーヒー」を召し上がるお客さんの想像力がかき立てられれば、と思っています。

Some HTML is OK

(required)

(required, but never shared)

or, reply to this post via trackback.