Skip to content


エクアドル 〜ロンダドールの音色〜

dohamu

エクアドル 〜ロンダドールの音色〜 ¥494/100g

新発売のコーヒーの紹介です。

エクアドルはロハ州のコーヒーです。
コーヒーノートのオリジナルネームは〜ロンダドールの音色〜

例によって、「コーヒーノート・ロースト」っていうか、浅めの焙煎です。

味わいの特徴は、
1.口に含んだシュンカンにだけ訪れる「スッ」と切れる爽やかな酸味。
  酸っぱさは感じません。
2.かすかにカカオの香り。
 (エクアドルは最高級のカカオ産地として、夙に有名です)
3.焦がした砂糖みたいな、ミネラルを感じさせる甘みが残ります。
 (冷めるにつれてハッキリしてきます)

ロハ州というのは、地図でいうとエクアドルの下の方、ペルー国境近くに位置します。
知る人ぞ知る、ビルカバンバ村(古代インカ語で「聖なる谷」)はこのロハ州にあり、
コーカサス(グルジア)、フンザ(パキスタン)に並ぶ世界三大長寿地域として有名です。

はーい、ここでオリジナルネームの説明にはいらせていただきます。

〜ロンダドールの音色〜…。なんのこっちゃ?ですね。
ロンダドールというのはですね、エクアドルの民族音楽の演奏に欠かせないパンパイプのことです。
他のアンデスの楽器同様、ちょっと哀愁をおびた音色です。

ロンダドールについては、こちらのページをどうぞ!

インカ時代は、エクアドルの首都キトからペルーのクスコまでの間をインカ道が通されていました。(クスコはインカ帝国の首都。へそという意味です)
アンデス、そしてインカにまで思いを馳せながらこのコーヒーを召し上がってみてはいかがでしょうか?!

もう、みなさん試してみたくなったでしょうね!!
週末、ぜひご来店下さい!!

matai
エクアドルの麻袋。な〜んか、インカっぽい。
神の墓地?眠る場所?とでも訳せばいいのか?

Posted in コーヒー豆.

4 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. 大森様:そうも、このChangaiminaという言葉は”Cementerio de los dioses”(神々の墓地)ではなく、”Sementera de los dioses”、即ち:神々の畑という意味なのですよ!販売会社の誤字誤訳による無知な話です。そう、本当です。スナオは嘘を申しません。如何でしょうか?

  2. そうだ、そうだ!スナオ、良くやった!シャッポ脱いだぜ!ケチュア語は君に限るね。おそらくどっかのメリケンが間違ってSementeraをCementerioにしちゃってそれを訳したものですな。今度合ったら一杯奢るぜ!

  3. hirosi said

    スナオさまはケチュア語にもお詳しいんですね!!
    ありがとうございます。
    うれしな!!
    オリジナルネームの変更をしたいと思います!!

  4. 秋田県の楽器買取の表の札を知りたい。悟性統合体します。

Some HTML is OK

(required)

(required, but never shared)

or, reply to this post via trackback.