Skip to content


谷戸山公園ネタ

先日の春蘭ごはんのお客様から聞いたお話をもうひとつ。
あすこは、整備される前は湿地帯だったそうです。
子どもたちは、入ることを固く禁じられていました。
なぜかというと、マムシが出るから。
大人たちはゴム長、片手に鎌、といういでたちで入っていったそうです。
マムシが出てきたら、片手に持った鎌で「スパッ」と首をちょん切ったそうです。

当時、近所にマムシ穫りの名人のおばさんがいて、マムシを捕らえてはその生き肝を
「はぶっ」と丸呑みしていたそうです。すごいですねぇ!
で、このおばさん、年齢に反して若々しく、肌もつやつやのぱんぱんだったって。

このお客様は子どもの時分、身体が弱かったそうで、蛇の蒲焼きをよく食べさせられたそうです。
皮を剥いで骨を抜き、七輪で炙って、つけ焼きにするんだそう。

シマヘビは食べやすいそうです。
アオダイショウは肉に臭みがあるそうです。マムシも…。
このお客様は以前、大病を患われているんですが、70代になられた現在も、つやつやのぱんぱんです。蛇のおかげかな?健康的で、身体に良い食べ物ばかり召し上がっていらっしゃいますから、そのせいかもしれません。
いつまでも、お元気で。元気にコーヒーノートにお越し下さいね。
さらに元気になってお帰り頂きたいっていつも思っています。

もうひとつ、別のお客様から聞いたお話なんですが、ご自宅の近くにフクロウがやって来たことがあるそうです。夜になると、「ホッ、ホツ」と鳴いていたそうです。
姿を確認しようにも暗闇の中ではどうしようもなく、鳴き声だけをしばらく聞いていたそうです。1羽だけだったらしく、こちらも「ホッ、ホッ」と応えて鳴き交わしていたそうです。
ご近所の方に「最近、番(つがい)のフクロウが夜になると鳴き交わしている」と言われて、
「片方は、私たち家族です!」と…。
ところが、このお話し、笑い話では済まないかもしれなくって…。というのは、ちょうどこの時期、谷戸山公園では、フクロウの番が営巣していたのですが、親鳥が巣を放棄してしまうという事故があったのです。オオタカも営巣していて、これらを写真に納めようとするカメラマンと、公園に散策に来た人とのトラブルも多発していた頃で、フクロウが巣を放棄したのも「最高の一枚」を手にしようとしたカメラマンの行き過ぎた行為が原因だったのではないか?と私は今でも思っています。実際、木によじ登って巣に肉迫した不届き者もいたそうです。
ちなみに、最近では子育て中の鳥の巣の写真を撮影・公開することはプロの写真家の間でも自粛するムードがあるようです。(学術的に意味がある場合は別として)

今では、谷戸山公園に来るアマチュア野鳥カメラマンも以前に比べれば、少しは気配り出来るようになったと思いますが、それでも不快な思いをさせられることが多いです。

私が幼い頃は、外で遊んで夕方、帰宅する時、近くの雑木林でフクロウが鳴いていました。
みんなで、「ホウ、ホウ」と鳴き交わしながら帰ったものです。
懐かしいなぁ…。
帰省しても、もうその雑木林さえ無くなってしまいました。

Posted in 雑記.

3 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. ご無沙汰しています。
    谷戸山公園が現在のように整備される以前は、保育園のお散歩でも「マムシが出るから長靴をはいたほうがいいよ」とよく言われていました。
    うっそうとした藪やら沼地やらがあって、確かにマムシがゾロゾロ出てきそうな感じのところで、今思うと「よく子どもを連れてお散歩に行っていたなぁ」と冷や汗が。。。
    でも、芹沢公園もそうですが、都市型公園に整備されてしまうと、昔のままの原っぱや山野がなつかしいです。

  2. hirosi said

    私は芹沢公園の「親と子の自然観察会」の会員です。もう10年以上になります。たしか、麦っ子の父兄の方々が中心になって作られた会だったと記憶しています。
    整備される前の芹沢公園のすがたは、今とはずいぶん違ったそうで、話しを聞いていますと夢のような場所だったみたいですね。
    店を始めるもっと前、平日に公園を歩いていると、かわいい園児たちが賑やかに散歩に来ていました。
    今思えば、彼らは麦っ子の園児たちだったんですね!

  3. みこべ said

    「親と子の自然観察会」は、芹沢公園が整備されることになったことを知って、「公園より原っぱがいい」という内容で、神奈川新聞に投稿したのがきっかけになりました。
    市民による公開の討議もされないままでしたからー。
    野生のハーブが一面に咲いていたり、草原の中からには何種類もの昆虫達が飛び出してきたり、みんなでその草原に寝転がってたくさんの夢を紡いできました。
    失われたものを後から取り戻すことはできませんから、座間市は本当にもったいないことをしたと思います。
    麦っ子に20年前の写真がありますよ~。

Some HTML is OK

(required)

(required, but never shared)

or, reply to this post via trackback.