Skip to content


コーヒーノートとジャズの関係?

先日は、クラッシックのことをちょとだけ書き込みました。

私はジャズを聴くのも大好きです。

お客様に「マスターはジャズが好きなの?」と聞かれることがよくあります。
こういうときにかぎって、店内BGMは民謡とか落語だったりするんですけれども。

だのに、なんでお客様がジャズを連想されるか?といいますと、
「コーヒーノート」の店名が原因なんです。

ジャズの名門レーベルに「ブルーノート」というのがあるからです。
アルフレード・ライオンという人が起こしたレーベルで、ルディ・ヴァン・ゲルダーという名録音技師によるゴリゴリのサウンドはブルーノートサウンドと呼ばれ、迫力満点です。
青山には、同名のジャズクラブもあります。

「コーヒーノート」はコーヒーの香りが漂うイメージから名付けたものですが、ジャズ喫茶全盛の頃に青春時代を過ごしたお客様は、店名から真っ先にジャズを連想されるようです。

もうちょっと、ジャズのことを書きたいですけれども、専門家でもないですし、そんなことして、みなさんに楽しく読んでいただけるのか、自信ないです。よく考えてからいずれまた「語らせて」いただきたいと思います。

でも、ちょっとだけ語らせていただくと、わたくし、音楽は肉体的な快楽として捉えています。
変な言い方に聞こえるかも知れませんが、「う〜、(聞いていて)気持ちいい!」
それだけです。メッセージ性とか、何かを考えさせる、とか、そんなものは全く必要としていません。巷でいうところの「メッセージソング」とかは嫌いです。

歌詞はポエティックなのがいいです。訳わからん歌詞の方が好きです。
歌謡曲でいうと、井上陽水とか、スピッツとかです。

Posted in 雑記.

2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Thanks a buncһ for shariung this with all folks yoᥙ
    really understand what you are talking approximately!
    Вօokmarked. Please alѕo visit my site =). We could hqve a link exϲhange agreement among
    us

  2. Evеry weekend i used t᧐ go tо ѕee tһis web page, for the reason tһat i ԝant enjoyment, as this thіs wweb site cinations аctually nice funny
    material too.

Some HTML is OK

(required)

(required, but never shared)

or, reply to this post via trackback.