Skip to content


カッピング勉強会に参加して

今日は、早締めさせていただいてカッピング勉強会に参加してまいりました。
コーヒーの焙煎の善し悪しなども含めて、「旨い、不味い」というほとんど主観的な評価をするのがテースティング。コーヒー豆そのものが持つポテンシャルを客観的に評価するのがカッピング。乱暴に言えばこんな感じ?だから、カッピング技術を磨くというのは、並大抵のことではないのです。
今日、講師としてご指導してくださった方は、数多くの世界的なコンテストで国際審査員(ジュエリー)としても活躍されていて、その非凡なカッピング技術は国際的にも高く評価されているという、ものすごい人です。それから、人間的にもすんごいチャーミングな人でした。
こんなスペシャルな会に参加させていただいて本当に良かったです。
今、帰ってきたところでちょっと興奮気味ですが、今回の勉強会の一番の収穫は、私が販売しているコーヒー(スペシャルティーコーヒーといいます。)が一般に出回っているコーヒーに比べて、どれほどスペシャルなのか実感できたことです。「こんなにすごいコーヒーを扱わせていただいてるんだ。お客様にこのスペシャルティーコーヒーの素晴らしさをアッピールする努力をもっともっとしていかなければいけない!!」と痛感しました。これほど、希少で価値あるコーヒーを扱わせていただいてるんですもん、いいかげんに扱っていては生産地のお百姓さんにも申し訳がたたないです。焙煎そのものについては、今後もより研究していきたいと思いますが、もう、ある程度のところにまでは到達できている気がします。コーヒーノートの今後の課題は、「スペシャルティーコーヒーの素晴らしさをいかにしてお客様に知っていただくか?」これです、これ!!という訳で、コーヒーノートでお買い物の際はくれぐれもご注意を…。しゃべり出したら止まらなくなるかも知れませんから。

Posted in 雑記.

2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. かけす♂ said

    ずいぶん有意義そうで、かつ難しそうな勉強会に参加されたんですねぇ。ご苦労様でした。この世の中にあって、是非自分の近くに存在してもらいたい方々として、有能なお医者さん、腕のいい大工さん、好みのパン屋さん、昔の中華ソバを食わせるラーメン屋さん、等々の中にホッとできるコーヒー屋さん、というのがあります。これからもホッとさせながら旨いコーヒーを飲ませてください。

  2. hirosi said

    ありがとうございます。勉強してきたことを今後のコーヒー作りに役立てたいです。

Some HTML is OK

(required)

(required, but never shared)

or, reply to this post via trackback.