Skip to content


こうちゃん

たまに行く、やきとり屋さんの大将(63才)から若い頃のお話を伺いました。

喫茶店の見習いから、客商売の世界に入ったそうです。

その銀座のお店は客席が100以上。オーナーは元タカラジェンヌ。
土地柄やオーナーの人脈もあって、来店客も芸能人などが多く、華やかなお店だったそう。

このお店では、まず洗い場から。皮の前掛けに、長靴で一日中ひたすら皿洗い。
これを、2年。このあとサードと呼ばれるポジションに上がります。ここでも、まだまだコーヒーには触らせてもらえません。
そしてセカンドと呼ばれるポジションへ。ネルの濾し袋で20杯くらいまとめて抽出したそうです。
全体を統括するチーフは、オーナーの信頼も厚く、スタッフ全員が憧れる人物だったそうで、スキなくリーゼントにキメた髪型をこぞって真似したものだと、懐かしく話してくださいました。
今から30〜40年くらい前のお話です。

いまどき、こんな厳しい喫茶店あまりないでしょうね。(銀座に一件、知ってますけど。)
これだけコーヒーが身近なものになり、ふつうに家庭でも飲まれるようになった現在では誇り高きカウンターマンのいる喫茶店はもう数えるほどしかないのかも知れません。

竹串

Posted in 雑記.

2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. It’s ɡoing tߋ be end of mine dɑy, bսt befοre end I am reading tһis great piece of writing to improve mmy knowledge.

  2. I juѕt liқе tthe valuable іnformation ʏοu provide to yoսr articles.

    I wilⅼ bookmark ʏouг blog and check aցaіn riɡht heгe regularly.
    Ι’m moderately ⅽertain I’ll be tοld plenty oof new stuff right rіght һere!
    Gоod luck fⲟr the next!

Some HTML is OK

(required)

(required, but never shared)

or, reply to this post via trackback.